TOP > Terey Curtis special page
メニューへ戻る
Terey Curtis氏から当サンダーバード九州博物館当てのメッセージ(原文と和訳)
Dear Mr. Takeuchi, thank you for allowing me some space of your website.  I am most grateful to my friend Mr. Yoshihiko Takakura for translating this information to you so that you will have a little more background information about me.

In 1964, after leaving Art College in North Devon, where I studied sculpture and fine art,  I joined A.P. FILMS (later to become Century 21) as an Assistant in the Art Department.  At this time I helped to create some of the sets for the Thunderbird series - after approximately 6 weeks I was asked if I would like to join the sculpting Department with John Blundell and John Brown.  By this time the 5th episode of 'Thunderbirds' was in production and my work was mainly making the supporting characters for the series.
Towards the end of the series we started production for a full length feature film (Thunderbirds are Go) - my work became a lot more involved and I was able to make many of the leading characters for the film.  Following this was a second feature film - Thunderbirds 6.  At this time we started work on a new series - originally called The Mysterons, later to become 'Captain Scarlet and the Mysterons'.  For this series I created several of the main characters -Captains Blue, Grey and Ochre and also Destiny Angel.
After this series 'Joe 90' was created and finally 'The Secret Service' -following this last series Gerry Anderson went into live action filming and I left and joined Century 21 Super Film Props. as a Designer and Model Maker for UFO and Space 1999.
I now work as a Floor Manager and Production Manager for our local television Company.  Three years ago I was invited to Fanderson Convention  where I was asked if I would recreate some of my puppets - and that is where the story starts again .....
If you or your acquaintances have any questions or would like more information I would be delighted to hear from you - thank you for your time.
竹内 様
この度は、サイトにスペースをご提供して頂きまして、誠にありがとうございます。また、私に関する資料を友人の高倉佳彦氏に翻訳して頂いたことに感謝しつつ、もう少し自己紹介をさせて頂きたく存じます。

1964年、ノース・ディボンの美術大学で彫刻および美術を学んだ後、A.P. FILMS (後にCentury 21となる)の美術部でアシスタントとして所属いたしました。その間、サンダーバード・シリーズのセット作りに参加いたしました。そして、およそ6週間後、ジョン・ブランデル氏およびジョン・ブラウン氏に彫刻部へ誘われました。その頃、サンダーバードは既にエピソード5の制作に入っており、私の仕事は主にシリーズのキャラクター・サポートでした。

シリーズ後半、長編映画の制作が始まり(サンダーバーズ・アー・ゴー(Thunderbirds are Go))、私の仕事も忙しくなり、映画のメイン・キャラクターを沢山作り上げることが出来ました。
その後、第2作、サンダーバード6となります。その頃、我々は新しいシリーズに取りかかっており、当時のタイトルは「ザ・ミステロンズ(Mysterons)」、後に「キャプテン・スカーレット・アンド・ザ・ミステロンズ(Captain Scarlet and the Mysterons)」となります。このシリーズのため私は幾つかのメイン・キャラクターを作り上げました。それらは、キャプテン・ブルー(Captains Blue)、グレイ・アンド・オーカー(Grey and Ochre)、そしてデスティニー・エンゼル(Destiny Angel)。

このシリーズ後、「ジョー90(Joe 90)」が制作され、最後に「ザ・シークレット・サービス(The Secret Service)」が制作されることになりました。この最後のシリーズを期にジェリー・アンダーソン氏は実写映画の製作に移り、私はCentury 21のスーパー・フィルム・プロップスに移りました。そこではUFOおよびSpace 1999のデザイナー兼モデル制作者として活躍しました。
 
現在はこちらのテレビ局にてフロア・マネージャー(ディレクター補佐)兼プロダクション・マネージャーを勤めております。3年前、ファンダーソン・コンベンションに招かれた際に、私の製作したパペットのリメークを依頼され、そこから新たなストリーが始まる訳となります…

竹内様、あるいは竹内様の周りの方々で、お問い合わせ等ございましたら、ご連絡頂ければ幸いです。ありがとうございました。

http://www.supermarionation-thunderbirdpuppets.com/